ボニックの超音波やEMSはどんな効果があるのか?

家庭用エステマシンボニックには、超音波EMSという2つの機能があります。ではそれぞれの機能に一体どんな効果があるのでしょうか?

 

超音波マッサージとは?

超音波は人間の耳では聞き取ることができない、周波数の高い音です。1万8千キロヘルツ以上の周波数の音を超音波といいます。つまり超音波マッサージとは、細かい音の振動で身体をマッサージします。

 

超音波の振動は筋肉の深部まで伝わります。超音波の振動によって細胞が動かされるので、細胞同士の摩擦で熱が生じます。それによって筋肉や脂肪の温度が上昇したり、筋肉や脂肪が柔らかくなったり、筋肉のコリや疲労がとれたり、血液やリンパの流れを促進したりします。

 

そして血流やリンパの流れが良くなることによって、むくみが取れたり、代謝が上がって太りにくくなったり、肌のツヤが良くなったりします。超音波マッサージはとても細かい振動なので、やっている間はほとんど何も感じません。人によってマッサージしている部分が温かく感じられる程度です。

 

EMSマッサージとは?

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略で、電気を流して細胞や筋肉を動かすことによってトレーニングする運動法です。

 

EMSを使えば体を動かさなくても、自分の意志で体を動かすのと同じようにトレーニングすることが可能です。忙しくて運動する時間がないときや、運動するのが嫌いな方でもEMSを使えば運動したのと同じ効果が上げられます。

 

EMSによって筋肉を刺激すると、その部分が引き締まって、余計な脂肪が取れます。実はたるみや脂肪がつきやすくなるのは、筋肉の減少がひとつの原因です。ですのでEMSでトレーニングして筋肉をつけることによってこの悩みは解決します。

 

ほかにもEMSにはさまざまな効果があります。EMSで筋肉が運動することで血流が良くなるので筋肉のコリや疲れを解消したり、代謝を活発にして痩せやすい体質にしたりすることができます。

 

EMSをしている間は、体に電気が流れるのでピリピリとしたしびれを感じます。電流が強すぎると痛みを感じることがあり、逆に弱すぎると筋肉が動かせずに効果が得られません。ですので、電流の強さをうまく調節する必要があります。また、EMSをするときは電流の流れを良くするために、EMSを当てる部分にジェルを塗ります。

 

以上、超音波マッサージとEMSマッサージについてでした。ボニックはこの2つの機能を備えていますので、家庭でもエステサロンと同じレベルのケアをすることができます。